円安傾向

輸出の割合の高い企業の決算の数字などを見ているとやはり日本は為替に企業の業績が左右されるということがわかります。経済全体的に占める貿易の割合はすでに内需よりもかなり小さくなってきているのですが、近頃の株式相場の上昇はやはり円安とともに上昇しているといわざるを得ません。

あれだけいろいろな施策をしても円安にならなかった期間が長かったのに、日本の景気が良くなりそうになれば円高になるはずなのに、やはり円安の傾向は止まらないようです。

取引システムの安定性と破格の入金ボーナス


houserキプロスの大人気FX業者・トレーディングポイント(Trading Point of Financial Instruments Ltd)がこの度リニューアルし、XEマーケット(XEMarkets)という名称になりました。

XEマーケットはキプロスの証券取引委員会から正式に認可を受けており、EU各国の委員会にも問題なく登録されているブローカーです。経営体制も健全そのものであり、非常に信頼性の高い海外FX業者として知られています。

しかも取引システムの安定性にも定評があり、約定拒否やリクオートのない極めて透明性の高いトレードを行えます。日本語でのユーザーサポートサービスも充実しており、使いやすさ抜群。信頼性と機能性が話題を呼び、近年急激に日本人トレーダーの利用者数を増やしています。

XEマーケットが国内のFX業者と最も異なる点は、破格の入金ボーナスサービスです。新規開設した口座に入金すると、入金額の30%分がボーナスとして加算されます。(上限10,000ドル。)驚くべきことに、2回目以降の入金でもボーナスがもらえます。時には最大500ドルまでの100%入金ボーナスキャンペーンが実施されることすらあります。海外FX業界では入金ボーナス制度自体はそこまで珍しくありませんが、この多額さには目を見張ります。

なお、入金ボーナスはあくまでトレード用の軍資金として付与されます。入金後すぐに出金することはできません。一定の取引要件さえ満たせば自由に引き出せるようになります。

XEマーケットでは入金ボーナスと自分の資産が別途に表示される仕様になっており、非常に資産管理が容易になっています。あとどのくらいの取引を行えばボーナス分を出金できるのか、適宜確認しながらトレードを行えます。

また、自分の取引スタイルに合わせて自由に選べる3種類のアカウントタイプにも魅力があります。「マイクロ」、「スタンダード」、「エグゼクティブ」、どのタイプのアカウント口座でも日本円に対応しています。マイクロアカウントのメリットは1,000通貨(0.01Lot)からの少額取引に対応していることであり、FX初心者に向いています。マイクロとスタンダードアカウントなら最大888倍ものハイレバレッジトレードを活用できて、短期間で多額の利益を追求することもできます。

スプレッドは、米ドル/円が2.0~2.5pips、ユーロ/米ドルが2.0pips程度、英ポンド/米ドルが3.0pips程度となっています。比較的低い数値なので、こちらもよくライバルとして取り上げられているiForexと同じように低コストのFXトレードを満喫できます。