円安傾向

輸出の割合の高い企業の決算の数字などを見ているとやはり日本は為替に企業の業績が左右されるということがわかります。経済全体的に占める貿易の割合はすでに内需よりもかなり小さくなってきているのですが、近頃の株式相場の上昇はやはり円安とともに上昇しているといわざるを得ません。

あれだけいろいろな施策をしても円安にならなかった期間が長かったのに、日本の景気が良くなりそうになれば円高になるはずなのに、やはり円安の傾向は止まらないようです。

ノー・ディーリング・デスク


hurere公平さを保つ取引環境を提供するノー・ディーリング・デスクにより、低スプレッドで高い約定能力を持つのが、オーストラリアの海外FX業者・ThinkForexです。

海外FX業者でありながら、日本国内にも高い人気と知名度を誇っている業者でもあります。その理由の一つに、日本語でサポートを行う体制が万全に整っている点が挙げられます。電話対応はもちろんの事、メールやチャットでも日本人の専任スタッフが、日本語で手厚くサポートを行うため利用者にとっては、安心感が違います。取引上で英語の意味がわからない、英語ができなくて不安という人にとっても安心して取引できるので、そこが人気を集めている大きなポイントとなっています。

世界中でも高い評価を受けているThinkForexですが、そこにはトレーダーが求めるスピードにすぐ反応する点や、約定の力量が他社と比べても一際強いという点があるからこそです。また、低スプレッドの提供と安定した取引環境は、トレーダーからも大きな支持を受けているポイントです。

ロンドンに設置されているVPSサーバーは、世界でも名だたる金融機関とクロス接続されており、ノー・ディーリング・デスク方式を採用するThinkForexだからこそ、その利点を最大に活かしているといえるでしょう。

ThinkForex の4種類のアカウントである、スタンダード、プロ、アルゴ、cTraderは、それぞれの条件によって分けられています。スタンダード、プロ、アル ゴの3アカウントは、初回入金最低必要額、手数料の有無などが異なり分けられます。

また、50倍から最大500倍といった高いレバレッジ設定が設定できる自由度や、最低取引単位についてはどのアカウントでも共通しています。スタンダードは取引手数料が無料、プロは手数料有料ですが、その分スプレッド設定が有利になっています。

ThinkForexで用意されている取引ツールは、世界的にも標準基準となっているMeta Trader。最小0.02という極めて狭いスプレッドとリクオートが魅力です。取引に制限が設けられていないcTraderや、ウェブ環境があればどこでも操作が可能なウェブトレーダー、最近のモバイル端末にも対応可能なiOSやアンドロイド用のメタトレーダー4モバイルとcTraderモバイルなども用意しています。

いつでもどこからでも、都合の良いときにすぐに取引が開始できる環境が整っているわけです。ThinkForexで口座開設を行うには、公式ホームページの申込みフォームに必要事項を入力するだけですので簡単シンプルです。その後、本人確認のための書類を添付し送信すれば開設できます。承認されればアカウント情報がメールにて連絡されるので、証拠金口座へ入金する流れとなります。

入金には、クレジットカードを始めとし、銀行電信送金や 国内銀行送金、ネッテラーやSkrill(マネーブッカーズ)などの利用が可能です。クレジットカードとネッテラー、Skrillを利用した入金方法を選択した場合は、口座に反映するのも早く、12時間から24時間以内で入金確認ができます。ThinkForexには、無料のでもアカウントも用意されているので、興味があればまずは試してみるのもお勧めです。