破綻ケース | FX投資海外.com

円安傾向

輸出の割合の高い企業の決算の数字などを見ているとやはり日本は為替に企業の業績が左右されるということがわかります。経済全体的に占める貿易の割合はすでに内需よりもかなり小さくなってきているのですが、近頃の株式相場の上昇はやはり円安とともに上昇しているといわざるを得ません。

あれだけいろいろな施策をしても円安にならなかった期間が長かったのに、日本の景気が良くなりそうになれば円高になるはずなのに、やはり円安の傾向は止まらないようです。

FXで破綻していくケースとは


srere   FXは、比較的少ない資金で始められ、実際の投資金額も抑えるとが出来るために、投資取引の初心者が、そのエントリーとして始めるためには格好の金融商品といえるでしょう。

しかしながら、やはりそこは投資という形で資産を運用していくために、リスクがあることも確かです。
FXは危険だ、というような意見もありますが、ある側面から見ればそれは確かにそうだ、というしかほかに手はありません。
物の利を得るためには物の損を払わねばならないのは、この世の常であり、無から有を生む出す錬金術のような資産運用法は、絶対に存在しません。

では、FXで考えられるリスクとはなんであり、それによって破綻していくケースとはどのような状態で、それを回避する手立てはないのでしょうか。

FXは正式には「margin Foreign eXchange trading/外国為替証拠金取引」という意味であり、外国為替市場の為替相場を利用し、2つの異なる通貨を互いに売買しあって、その為替差益を求めて行く投資取引になります。

証拠金取引という名が指す通り、取引業者に口座を作る際に証拠金を預けるのですが、実際の投資を行う際に、この証拠金を担保にして投資金額の何倍もの資金を使って取り引きを行えるのがFXの特徴になります。
この仕組みを「レバレッジ」と呼び、業者によって様々な設定があるのですが、日本国内のFX業者であれば最大で25倍、海外の業者では数百倍ものレバレッジ設定がされています。

このレバレッジにより、例えば米ドルと日本円での一日の値動きの平均は、大きくても1、2円なのですが、これを国内最大のレバレッジを聞かせれば25倍まですることができます。
1ドル100円の為替相場があるとした場合、1万ドルの通貨を買うには100万円が必要なところを、レバレッジ25倍であればわずか4万円で済む計算になり、これにより為替の値動きが仮に1万円であったとしても、4万円の投資で1万の利益になるために、充分な利益が見込めるようになるわけです。

しかしながら、このレバレッジは投資の金額を倍加させ、その効果を大きくする仕組みであるために、万が一、損失に為替が変動し損失が出た場合でも、等しく損失を大きくしてしまうのです。
このレバレッジという仕組みが、FXがハイリスク・ハイリターンであると呼ばれる所以でもあります。

これを防ぐ方法は実に簡単で、レバレッジの使い方を投資家自らが制限し、予測がしっかりと立って利益が見込めそうな投資ではレバレッジを大きく使い、そうでない場合は、レバレッジを使わないなどの管理を行えばよいのです。

また、FX業者も顧客である投資家を破綻から救うために「ロスカット」と仕組みを用意しています。
これは、投資家が投資中に保持している通貨の評価損益が、含み損益になった場合に発動するもので、その損失額が口座に預けている証拠金に対して一定の割合に達したところで、その保持中の通貨を強制的に決済して解消する仕組みになります。
これにより、投資家は自分が預けている証拠金以上の損失を被ることなく、取引を終えることができるのです。

しかしながら、2008年のリーマンショック、2010年のフラッシュクラッシュ、2015年のスイスフランショックなど、数年に一度は起きる世界的な金融ショックがあった場合には、このロスカットの発動が追い付かないほどに、一瞬で為替相場が変動し、何十万円、何百万円という巨額な借金を抱えてしまう投資家がいることも事実です。

残念ながら、外国為替市場を舞台にして利益を求めていく以上、こうしたことを完全に防ぐ手立てはありません。
唯一、こうした被害に遭わないように可能性を低くする手立てとしては、無暗なレバレッジを使わず、なるべく通貨を保持している時間を短くし、世界の経済情報や政治情勢などを敏感にとらえて、不安を感じた場合には投資を行わない、という自己管理を行っていくしかないのです。